1. youtube
  2. instagram
  3. mail
FUNKY BEAT (feat. オヤジブレイカーズ)

FUNKY BEAT (feat. オヤジブレイカーズ)

  1. Funky Beat (feat. オヤジブレイカーズ)

https://linkco.re/3BPSHVzG

1984年、高校生だったCAKE-Kが渋谷のタワーレコードで初めて、いわゆる『ジャケ買い』をしたアルバムがBernard Wrightの”Funky Beat”だった。

盤に針を落としてみれば、それはお目当てのヒップホップとは程遠いジャズだった。

あれから40年、当時の苦い体験と共に数々の記憶が蘇る。

ヒップヒップの未来なんて考える余裕もなく、とにかく日々実践に明け暮れたあの頃の若者たちは、やがて家族を持ち社会に揉まれ、地元の口うるさい先輩となって次世代の若者たちにストリートのイロハを教える。

ヒップホップ・カルチャーの裾野がこんなに広がるとは誰が想像できただろう。

日本にヒップホップ・カルチャーが上陸して40年目を迎えたのが2023年

50周年に向けてまた歩き始めた日本のマイル・ストーンとして、CAKE-Kが全てのBボーイに贈るアンセム『ファンキービート』

1984年のヒップホップ・ムービー『ビート・ストリート』を知っている世代ならニヤっとするフレーズをフックもってきたCAKE-Kのセンスと造詣の深さは秀逸。

今こそ大事に閉まっておいた夢にもう一度袖を通して繰り出そう!

CAKE-K

ニッポン・ヒップホップの創成期を築いたキーパーソンの一人。レジェンドたちが賞賛する存在。彼無くしてシーンを語ることはできない。現在YouTubeチャンネル『082TV』のホストとして出演、日本ヒップホップの有益な情報を発信しているレーベル『boomista』のアーティスト、プロデューサーとしても活躍が期待される。 【082TV】https://w...
CAKE-K
  1. TIME IS UP
  2. Kick & Snare (feat. Nadia)
  3. Age of kick (feat. ラップオバケ)
  4. THP
  5. ONE TWO
  6. 夜行性の天使たち
  7. STOP AIDS CLUB MOVEMENT
  8. ぼくらの必修科目
  9. 5th Element
  10. PUMP IT UP